稽古日誌11月13日(月)

こんばんは、21のR.W.です。今日の主座はS.S.さんでした。

今日は最初に準備体操、合気体操、膝行、前受けをしました。前受けでは、振り返る前に気を向けることであまり疲れないでできるらしいです。個人的には、まっすぐ回れるように気を付けました。その後は統一道の稽古をしました。相手の肩に手をおき、どこに力が入っているかを当てるゲームをしましたが、全く当たりませんでした。また、肩を抑えられた状態での前進後進技もしました。臍下の一点から動くことを意識しましたが、前に進むときが中々難しかったです。

その後は胸突きと横面打ちの練習をしました。胸突きでは、相手の後ろまで撃ちきるつもりでやること、横面打ちでは、腕の力だけでなく前身を使って打つことを意識しました。その後は、胸突き小手降ろしと横面打ち四方投げの練習をしました。攻撃側は、隙があったら返し技をしてもよいという条件で行われたため、普段の自分の技がいかに隙だらけだったかわかりました。また、胸突き小手降ろしの返し技は初めて習ったので楽しかったです。次に、八の字を習いました。ここでも、例えば相手を吊れてなかったら次の横面打ちが来たりと、攻撃側が隙を見つけたら攻撃してきたので、難しかったです。最後に、攻撃側が胸突きか横面打ちをして、それに対応して投げるという練習をしました。相手の全体を見るように心掛けても反応が遅れてしまい、あまり上手くいきませんでした。

次回の稽古は11月22日(水)10:00~です。

広告

稽古日誌 11月8日(水)

こんばんは!21のN.W.です。今日の首座はA.M.さんでした。

前回の稽古で注意されたように、半身をしっかりときりながら大きく膝行をしました。前受けは受けをし終えた後に氣がきれて相手に隙を与えやすいので、連続で何往復も前受けをやっても氣をきらさずすぐに相手にフォーカスできるように練習しました。

前回に引き続き「相手をちゃんと攻撃をする」をテーマに胸突きを稽古しました。胸突き呼吸投げの受け側を初めてやったのですが、胸突きをするときに相手に突っ込んでいってしまうと受け身が遅れて相手に首を切られてしまいますし、逆に切られることを恐れて胸突きがおざなりになって受け身を必要以上に早くしてしまうこともあって難しいなと思いました。続いて、胸突き小手おろしと胸突き呼吸投げのどちらをされるか分からなくても胸突きをやりきり受け身をとれるように練習しました。普段の稽古では相手が何の技をしてくるのか分かる状態でやっているので受け身もとりやすいのですが、このような状況でやるととても難しかったです。相手の動きをちゃんと見ていれば咄嗟に判断することが出来るはずなのですが、自分のことに集中しすぎて受け身をとるのが遅くなりがちでした。最後に一教~四教の入り身、転換の数稽古をしました。

また、9月生の5級昇級審査が金曜日にあるのでリハーサルもしました。9月に入部してきたばかりなのに組み技が上手で自分ももっと頑張らないといけないなと思いました。

次回の稽古は11月10日(金)18時~です。

稽古日誌 11月6日(月)

こんばんは!21のN.W.です。今日の首座はK.S.さんでした。

二人の人に両肩を潰されながら前膝行をする練習を初めてやりました。相手に気をとられて力で前に進もうとしても二人に阻まれてしまうので、二人に支えられているという意識を持ち、ゴールを決めて半身をしっかり変えるようにすると安定して前に進めることができます。

次に、統一体の確認をしてから「しっかりと攻撃をする」をテーマにして胸突きを稽古しました。はじめに楷書の状態から胸突きをして胸突きをしたまま相手とぶつからずに前に進めることができるか確認しました。腕だけで胸突きをしようとしても相手に力で抑え込まれてしまいますが、相手のその先に目標を定めて、折れない腕の状態で体全体から気を出して胸突きをすると相手と一緒に動いているような感覚になりました。続いて胸突き前方投げをやりました。相手の腕だけを下ろしても相手の姿勢は崩れないですし、あまりギュッと腕を掴んでしまうと相手の人が不快に感じてしまうのでそっと添えるぐらいにしておいて相手の体全体が上下動するように動かすのがポイントだと教わったのですが、まだ投げる時に自分の姿勢まで崩れてしまっているので自分の統一体は保ったまま技ができるように稽古していきたいです。

次に胸突きの返し技の練習をしました。胸突きをする側が攻撃の意識を持ち続け投げ側が気を切らした状態だと、受け側はわざわざ受けを取る必要はありません。相手に体を下ろされた時に相手のところに転換して入り反対側の腕を掴んで逆に投げ側になることもできます。この練習を続けていると投げ側と受け側が次々と変わって回り続けるので目が回ってきました。目が回らないようにするには前方向に進みながら主体的に回っていけばいいとアドバイスをいただきました。前方向という意識がないと目が回る上に相手に攻撃をする隙を与えてしまいます。

稽古の最後には胸突き技を左右10本ずつランダムでやりました。合計20本やるので気を切らさずに相手にフォーカスし続ける意識が必要です。そうしないと間合いが近すぎたり途中で疲れてきます。攻撃側の時に胸突きこて下ろしをされて立ち上がった後に相手を探してそちらの方を向くのではなく、相手がいる方を意識しながら立ち上がった方がいいと注意されました。また、先輩方のペアは楽しそうにやっていらっしゃったのでもう少し数稽古でも心に余裕を持ってやりたいなと思いました。

次回の稽古は11/8(水)18時~です。

稽古日誌 11月1日(水)

こんばんは!21のN.W.です。今日の首座はS.S.さんでした。

膝行、反り受けをした後、それぞれの級に合わせて統一道のチェックをしました。初級はチェックする人が体を触れてから統一体かどうか確認するのに対し、中級では間を置かずにすぐ確認します。このチェックの仕方の違いだけで難しさは変わってきます。例えば、静坐の統一の場合上半身、手、膝の3箇所をチェックされます。上半身のチェックを終えた後すぐ手と膝のチェックをされるのですが、落ち着ける時間がないので手が離れてしまったり膝が浮きやすかったです。中級では身体のどこを触られてもいかに臍下の一点に心を静められ続けられるかが試されます。また、折れない腕の上級のチェックの仕方を試しにやってもらったのですが、チェックをする位置が手首から指先に変わり、指先の方が力で相手を抑えようとしてしまい逆に腕が折れやすくなりました。氣を指先からドバーッと前に流すイメージで腕と体がバラバラにならないように腕を背中の方からだすことができれば大丈夫なはずなのですが、上手くできませんでした。

先週から引き続いて相手にちゃんと攻撃をすることに気をつけて横面打ちの稽古をしました。横面打ちをする時だけ氣を出すのではなく相手に向かって進み始める段階から氣をだし相手と氣を通わせておくこと、腕と体を一体にして動かすが大切だと教わりました。横面打ち呼吸投げ前方投げの受け側をする場合、自分が横面打ちを打ちきらなかったり、横面打ちをするときに流れを止めてしまうと受け身をとりにくくなってしまうので、まっすぐに進んで行くという意識を持つことがポイントです。稽古の最後には横面打ちの数稽古をしました。横面打ち呼吸投げ前方投げの練習をした後だったのでつい相手に突っ込むような形で横面打ちをしてしまい、打った後の体勢が崩れていることに気がつきました。相手を攻撃をするという意識は持ちつつ自分の統一体は崩さずにできるようになりたいです。

次の稽古は11/3(金)18時〜です。

稽古日誌10月30日(月)

こんばんは、21のR.W.です。今日の主座はK.S.さんでした。

稽古の最初に久しぶりの呼吸法をやったあと、準備体操、膝行、前受けを連絡しました。前膝行、後膝行では、普段より大きく半身を切ることでもっと大きく進むことができました。次に統一道の稽古に入りました。まず姿勢の確認、その後に肩の辺りを後ろから抑えられて歩くやつをやりました。肩の辺りを意識して、そこから動こうとすると全然動けませんでした。片手を出しての統一では、1度だけ偶然肩の力が抜けることがあり、うまくできたので嬉しかったです。次に合気体操の確認をしました。船漕ぎ技では、前に出る時は体のすぐ横で腕を持ち上げる、下がるときは腕をあげないことを意識しました。

後半は3級の昇級の技の練習をしました。横面打ち呼吸投げ前方投げでは、前後の視線の切り替えをしっかりすること。両手取り呼吸投げ前方投げでは、下がる動きを明白に行うこと、上げる動きは相手に任せること、相手の腕を吊ることを習いました。最後に肩取り二教、三教転換の練習をしました。転換の際に、相手と向きを合わせることによって、肘ではなく指先から導けること、最後の回転する部分では最終地点を見ることを意識しました。また、転換の時に普段よりも大きく入ることでうまくいきました。

次回の稽古は11月1日(水)18:00~です。

稽古日誌10月25日(水)

こんにちは、21のR.W.です。今日の主座はA.M.さんでした。

今日は最初に準備体操、合気体操、膝行、受け身の練習をしました。最近、回転膝行ができるようになってきて嬉しいです。前受けに関しては、時々手が抜けて、背中を打ってしまうことがありますが、3級の審査では、前受けを必要とする技があるので改善したいです。その後は統一体の確認をしました。通常の姿勢に加えて、後ろに反っての統一や片手を出しての統一も行いました。次に二教を練習しました。相手の腕のゆるみをとることはできたので、次はお辞儀の方向を相手に向けて、二教を成功させたいです。

後半は、横面打ち呼吸投げ(前方投げ)という技を習いました。意識の切り替えを素早くする、一教をしっかり出すなど、色々の注意点がありました。しかし、一番の問題点はこの技の受け身でした。前受けをする際に足が抜けてしまうので、横面を最後まで打ち切ることを徹底したいです。続けて横面打ちに対して、四方投げあるいは前方投げをするという数稽古を行いました。四方投げでは、投げる際に相手の腕を伸ばすことと、少し遅らせて余計に回ることで、力まず投げることができました。最後に肩取り二教、三教、四教の数稽古をして終わりました。

次回の稽古は10月27日(金)18:00~です。

稽古日誌 10月23日(月)

こんばんは!21のN.W.です。

21日(土)のICU祭での演武では初めてお客さんや家族の前でやったので緊張しましたが無事に終わりました。今日は台風が通り過ぎていい天気でしたね~

今日の首座はS.S.さんでした。

まず膝行を3種類した後に反り受けをやりました。受けをする相手を導くときに相手の手とぶつかってしまったり、逆に引っ張ってしまうことが多かったのですが、はっきりと上下の動きをつけると滞りなく相手を導くことができました。

今日の稽古では剣と杖をやりました。剣杖に触れたのが夏合宿ぶりだったのでもう一度基礎から教えて頂きました。剣杖をやる時に共通して注意しなければいけないことは、相手を斬るまたは突くという意識をしっかりと持つこと、剣杖を握る時にできるだけ力を入れず手は添えるだけにすること、剣杖の先までが自分の腕であるような感覚を持つこと、常に統一体でいること、自分自身が楽に剣杖を持てる場所を探すことです。剣をやる時にアドバイスをしていただいたことは、膝を曲げるタイミングと剣を下ろすタイミングを合わせることです。これがずれてしまうといくら剣をすばやく下ろしても相手を斬る感覚にはなりません。剣杖は特に経験をたくさん積まなければ上手にならないと先輩がおっしゃっていたのでこれから繰り返し練習をしていきたいと思います。

次回の稽古は10/25(水)18時~です。

稽古日誌 10月18日(水)

こんばんは、21のS.Iです。今日も今日とて寒かったですね…ですが、なんとか雨が降らなくて良かったと思います。

今日の首座はS.Sさんでした。今日は準備運動をしたのち、セプテンの1年生とそれ以外の部員に分かれて膝行の練習をしました。セプテンの1年生は前膝行、それ以外の部員は前膝行、後膝行、回転膝行を行いました。回転膝行をするのは始めてだったので随分と混乱してしまいましたが、マスターできるように練習に励もうと思いました。次に反受、前受身をしました。前受身では、ポイントとしてゆっくりと受身をとるという説明を受けました。速いテンポで普段受身をとっている上級生の方々もそのように指示を受けるのは意外でしたが、速いテンポで受身をとると流れに任せてしまうことがあるそうです。

そして統一道では中級~上級と幅広いレベルでチェックを行いました。チェックをしてもらうときは自分にばかり気持ちを向けるのではなく、相手とコミュニケーションを取るような心持ちでいることが大事だということです。

リハーサル前の最後の10分間で月曜日と同じく数稽古をしました。学年ごとに分かれ、次の昇級で使う技を中心に数を重ねました。技のやり方について曖昧な点があるとどうしても自信なさげに技をかけてしまいがちですが、今回の稽古では技の途中で止まったりせず最後までやりきることに重点をおきました。

最後の1時間を使ってICU祭のリハーサルを行いました。入退場など全員で揃えて行動する場面の練習もして、本番のイメージが更に想像しやすくなりました。たくさんの方に演武を見て頂ければと思います!

次回の練習は10月20日(金)18:00~ですが、場所はVジムで行うそうです。ちなみに13:50~同じ場所で畳の敷き方の確認を行う予定なのでそちらも合わせてよろしくお願いします。

稽古日誌 10月 16日(月)

こんばんは〜。21のA.N.です。今日はとても寒い日でした。稽古後は汗をかいているので、風邪をひかないように気をつけたいところです。

今日の首座はK.S.さんでした。

稽古は5分間の呼吸法に始まりました。寒さで冷えた身体がポカポカと温かくなりました。ストレッチは後ろ受け身を右左合わせて計80回行いました。目の前の人(想定の)と握手するつもりで立つことがポイントです。前回り受け身では、反り受けのようにペアで行いました。一年生にとっては合宿以来でした。次に、2パターンの統一体の確認をしました。1つ目は、肩を押されている状態で、通常の時、歩いている時、反っている時、前にかがんだ時に統一体を崩さずにいられるかのチェックです。反る体勢では、前に出している足先から頭のてっぺんまでが一直線であることが重要です。2つ目は、前に出された腕に向かって歩くとき、相手の腕に触れても姿勢を崩さずに進めるかの確認です。ポイントは、相手が目の前にいることを氣にかけすぎず、腕が触れても、相手に支えられているという感覚でいることであると教えていただきました。

技では、肩取りの2、3教の入り身転換、横面打ち四方投げの入り身転換の数稽古を行いました。動きを止めずに投げる、又は受けるのがポイントでした。2、3教は習いたての技でぎこちない動きになってしまいましたが、沢山受けるうちに技の流れや感覚が掴めてきたように思います。動きを止めないためには、受け手側が常に相手の動きを感じ続けることだと思いました。

後半は、来たる文化祭のリハーサルをしました。初めての文化祭ですが、あまり緊張しすぎず、たのしめたらよいなと思います。

次回の稽古は、10月18日(水)18時からです。この日も、文化祭のリハーサルを行うようです!

稽古日誌 10月11日(水)

こんばんは、21のS.Iです。今日は天気予報が外れて想定外の涼しさでしたね…。今日の首座はA.Mさんでした。

準備体操、合氣体操をしたのち受身、膝行、反受の練習をしました。

そして、今回の稽古では統一道中級、上級を中心に行いました。中級、上級の統一道では、初級での統一をさらに発展させ、より複雑な状況でも統一体を保つ必要があります。中級では、持ち上がらない体、後方に反った時あるいは前方に屈んだ時の統一、上級では両手を挙げた時の統一など様々な場面で統一体をつくる練習をしました。この練習から、全身の力を完全に抜く、ということの難しさを痛感しました。チェックされる前は力を抜けていても、実際にチェックされると力んでしまったりということが何度かありました。体に力が入り、固い統一体にならないよう心がけていきたいと思います。

今日学んだ技は肩取り三教、四教の入身、転換です。どの技も3級技なので新しい技ばかりでしたが、お互いに共通している部分もあり比較的理解しやすかったように思います。どの技にも共通していえるポイントとして、腕の緩みを取るということ、腕を引っ張って相手の体を下ろそうとしないということだとを学びました。上級生の先輩方に疑問に感じたことや、やりにくいと感じたことを解決して頂いたり、アドバイスを頂いたりしたので、昇級審査に生かしていければと思いました。

次回の稽古は10月13日(金)18:00~です。