稽古日誌 9月22日(金)

こんばんは、21のS.Iです。雨が激しく降っていましたね…。

今日は金曜日ですが通常稽古でした。首座はK.Sさんでした。

準備体操をしたのち、3つのグループに分かれて受身の練習をしました。新入生は後受身、1年生は前受身、そして2年生以上は反受をしました。前受身をする際の注意点として、着地する際に必ず手をつけて頭が地面につくことのないようにするということがありました。前に向かって意識を向けるということは大分できるようになってきたので、次からは頭を保護するという受身の本来の目的に則することができるようにしたいと思います。

次に統一体の確認から一教、船漕技、腕廻技の確認、練習をしました。今日の稽古で重点的に教わったのは、縮こまらずに体全体を大きくのびのびと使うということでした。相手に動かされないようにしたり、逆に相手を動かそうとすると自然と体を小さく使ってしまったり、余計な力が入ってしまったりすると感じました。

技では横面打ち四方投げや、肩取り一教などをやりました。相手の手だけを動かそうとするとどうしても動きが小さく窮屈になりがちですが、体全体を使って技をかけると動きも大きくなり、心にも余裕ができるような気がしました。

最後に再びグループに分かれ、昇級の練習をしました。通しを見てもらったのですが、いつもペアで練習しているときとは異なる視点でアドバイスをもらうことが出来たのは大きな収穫でした!肩取り一教転換の際に相手の方を向いてしまっていることや、胸突小手下ろしの転換の際の足捌きについての指摘を受けたので昇級までに修正していきたいと思います。

今週末にいよいよ大会があるということで大会メンバーの皆さんは通し練習を自主練の時間になさっていました。大会のお手伝いに参加することはできないのですが、皆さんが大会で練習の成果を存分に発揮されることをお祈りしています!

次回の稽古は9月25日18:00~です。

 

広告

稽古日誌 9月20日(水)

こんばんは。21のR.W.です。今日の主座はA.M.さんでした。

準備体操の後に、統一体の確認をしました。ここ最近の練習では、足に力が入っていると言われることが多いので力を抜きたいです。次に、前受けの練習をしました。受け身を取る人の前後に人を配置して行ったので、回った後に気を切らさないこと、また前後の意識の切り替えを素早くする事に注意して行いました。その後は反り受けの練習を9月生も一緒にしました。

次には前進後進技の練習でした。まずは、連続して移動したときに体勢が崩れないこと、その次には相手の移動距離に合わせて間合いを維持する練習をしました。特に後者の練習の際に、相手ばかりを見て視野が狭くなりがちと指摘されたので気を付けます。次は、肩取り一教の特に入り身の部分を重点的に練習しました。相手の手を掴んだ後に、相手の手の向きを変える、一教固めを決めて、出来るだけ相手に向かって進む、この時に姿勢が崩れがちなので留意するなど、様々な事を教えてもらいました。

最後にグループに分かれて昇級の練習をしました。片手交差取り呼吸投げの時に、正面打ち呼吸投げと同じように前に出るよう教えてもらいました。最近は4級技の練習が中心となっていて、5級技の練習をあまりしていなかったので頑張ります。また、前回指摘された、正面打ち呼吸投げの時に相手の首を取りにいってしまう癖を直せたので、嬉しいです。

次回の稽古は9月22日(金)18:00~からです。

稽古日誌 9月18日(月)

こんにちは!21のC.Uです。今日の首座はS.Sさんでした。

準備体操と合気体操をした後に、新入生は後ろ受身と反り受けを、それ以外の人は前受けと反り受けを行いました。一年生は半立ちの姿勢からの前受けがだんだんできるようになったように感じます。

今回のテーマは、先週に引き続き「滞りをなくす」ことと「正しい間合いを知る」ことでした。まずは、統一体ができているかを確認し、そのあと相手に歩いてきてもらって、正しい間合いを図りました。正しい間合いの定義は三点あります。「相手の鼻のあたりを見たまま足先の動きが見える」「相手の攻撃が当たらないが、一歩踏み込むと当たる」「気持ち悪くない」です。先輩に「もう半歩だけ前」と言われ、間合いというのがとてもぎりぎりのラインを狙うものなのだと気づきました。また、前進後進技を行い、姿勢の崩れがないかを確認し、間合いを技の中で確認するため、それぞれの好きな技で前進後進技を使い、間合いを取る練習をしました。

最後に、グループに分かれて昇級の練習をしました。今日は5級と4級の技を通して行いました。普段の練習とは違い、通していくと次に出す足や技自体がわからなくなってしまいました。先輩からのアドバイスをもとに、胸突き小手下しで転換する時の足の位置や行書での片手交差取り呼吸投げの動きを確認しました。今回私は、一つ一つの技の流れ、そして、全ての技を行う間に氣を切らないことを意識しました。氣を切らなくても、疲れたり焦ったりすると、姿勢が崩れたり、静まってないなと感じたりするので、次の稽古では「臍下の一点に心を静め統一する」ことを意識したいと思います。

次回の稽古は9月20日(水)18時~です。

稽古日誌 9月13日(水)

こんにちは!21のN.W.です。今日の首座はA.M.さんでした。

準備体操をした後に新入生は後ろ受身、それ以外の人は前受けをやりました。1年生は前後に人に座ってもらうことで前受けをする時もした後も氣をきらさないようにしました。目線をどこにすればいいのか決まっているので、まっすぐ前受けができました。

今回は「滞りをなくす」をテーマに稽古をしました。まず壁際に全員立って首座の合図と共に歩き出し、前や横からくる人とぶつからずに歩けるかやりました。(スクランブル交差点のような状況です)次に、歩いている時に首座が手を叩いたらすぐに方向を変えられるかやりました。自分の周辺の人がどの方向に向かっているのかに集中しすぎてしまい、首座が手をたたいても向きを変えるのが遅くなりがちでした。普段私が利用している駅は朝とても混雑しているので、周りの人の動きを見る練習を日常生活でもやっていこうと思いました。

つづいて胸突き小手おろしで転換をする時に相手の動きを邪魔していないか、転換をする前から相手の手を取ろうとしていないか確認しました。また、正面打ちは打った後に氣をきらしてしまうと技が成立しないので、受け側の時に相手を見続けているか確認しました。正面打ちをする時に相手の額までちゃんと手が届いていないのでもう半歩前で打つようにと先輩から注意されました。

稽古の終盤は4級技全てを通してやりました。投げ側の時も受け側の時も氣をきらないようにするのが難しかったです。特に投げ側の時に技をかけ終えた時に一旦氣をきらしてしまい、相手との間合いを上手くとれないことが多かったので気をつけたいです。

次回の稽古は9月15日(金)18時〜です。

稽古日誌 9月11日(月)

こんばんは!21のR.W.です。今日の主座はK.S.さんでした。

今日は準備体操の後、統一体、折れない腕の確認、それから折れない腕を動かす練習と、正座での統一体の確認をしました。最近統一体はいい感じなのですが、どうにも折れない腕が折れるので、何とかしたいです。

次に、技の流れを止めないことをテーマとして正面打ち、肩取り、胸突きの練習をしました。正面打ちでは打ち終わった後に上体が傾いてしまうこと、肩取りでは体が下に沈んですぐに動けなくなることを指摘されました。

最後に、グループに分かれて昇級の練習をしました。正面打ち呼吸投げでは、実は正面打ちが遠かったこと、一教を出すのが早すぎたこと、自分の足が相手の通り道を邪魔していたことなど、たくさんの新事実が明らかになりました。また、肩取り一教転換において、まだまだ相手と方向が合っていないことや、腕を降ろすことに懸命になって、相手の本体から気が逸れちゃってることも分かりました。難しい!

次回の稽古は9月13日(水)18:00~です。

稽古日誌 9月6日(水)

こんにちは。21のR.W.です。

今日は、準備体操や合気体操、受け身の練習の後に統一体の確認をいつもより多くやりました。普段の姿勢での確認に加え、手を上にした万歳のような姿勢や、手を前に出して、しかも片足を上げた状態での確認をしました。手を上や前に出した状態だと、普段よりも体が後ろに傾きがちになってしまって、なかなか正しい姿勢を保つのが難しかったです。

次に、横面打ち四方投げの練習をしました。最初は、受けがしっかりと横面を打つ練習をして、その後投げの練習に入りました。今回注意されたことは、入り身の時に相手と向きが揃っていないということでした。確かに、向きを揃えるように意識してやると、最後の投げを力むことなくすっと投げることができて、嬉しかったです。次には胸突き小手おろしの練習をしました。突きを打つ際には、うち終わった後にすぐ動けるように姿勢を崩さないこと。自分が投げの時は、相手との転換で向きを合わせることを注意します。

次回の稽古は9月8日(金)18:00~です。

稽古日誌 9月4日(月)

こんにちは!21のN.W.です。

今日の首座はA.M.さんでした。

合気体操の後、膝行鬼ごっこを初めてやりました。その名の通り膝行をしながら鬼から逃げるのですが、2分間やっただけで結構疲れて終盤は意識が上にあがってしまいました。その後、10分間ランダムに技をかける練習をしました。相手がどう攻撃してくるか(横面打ち、正面打ち、肩取り、胸突きの4種類)に合わせて瞬時にどの技をかけるのか判断しなければいけないので難しかったです。また、体力がなくなってくると相手との間合いが近くなってしまいました。疲れた時こそ間合いをしっかりと取ることによって相手の身体全体を見ることができて落ち着くので気をつけたいです。

杖と剣で相手に氣を向けている時と向けていない時にどう変化するかも確かめました。フォーカスが定まっていない相手に剣先を向けられてもあまり怖く感じず隙ができていました。稽古の終盤は二教の固めをやりました。固めは相手の身体の構造を理解してどこの筋を伸ばしているのか意識するとやり易かったです。

9月4,5日は9月入学生向けのクラオリと月見があります。新しい部員が入ってくれたら嬉しいですね!

次回の稽古は9月6日(水)10時〜です。

稽古日誌 夏合宿

こんにちは、21のN.Tです

2017年8月21日(月)から25日(金)にかけて神奈川県の足柄で夏合宿を行いました。心身統一の四大原則・心身統一合氣道の五原則をもう一度全員で確認し、基本に立ち返って稽古を進めました。杖や剣を使った稽古や氣圧、大会・昇級への稽古も十分な時間をとって行いました。4日目に行われた昇級審査で無事全員昇級できてとてもよかったです。何より、早朝の朝稽古から夜稽古までの日程を5日間、誰も大きく体調を崩すことなく全員で終えることができたのは大変喜ばしいことだと思います!

御指導くださった師範、OBの方々そして先輩方本当にありがとうございました。

次回の稽古は9月4日(月)10:00〜です

稽古日誌 8月28日(月)

こんにちは!21のR.W.です。今日の主座はS.S.さんでした。

準備体操、合気体操、前受けをしたのちに、統一体と折れない腕の確認をしました。合宿で確認した通り、統一体は思っているよりも前傾の姿勢で慣れないですし、折れない腕は相変わらず折れまくりで、なかなかできるようになりません。次に、二教の練習をしました。この練習の中では、相手との距離によって技のかけやすさが異なることを感じ、相手との距離感の重要性の確認もしました。

次に、座技での正面打ち呼吸投げの練習をしました。立っているときと比べると足をあまり自由に動かせないので、相手の通り道を開けるのにどう動けばよいかを確認することができました。その後は、立った状態での正面打ち呼吸投げの練習を行いました。体の中心で腕の上下を行うこと、また、腕を下に降ろす意識が弱いこと、その結果、投げが体から離れてしまっていることを指摘されたので、直していきたいです。

最後に、それぞれの級に分かれて稽古を行いました。4級の組は、肩取り一教入り身の練習をした後、新しい技として肩取り二教を習いました。相手の腕を取った後の足の動かし方が、一教と二教で異なるので、注意しないとごちゃごちゃになりそうだと思いました。

次回の稽古は8月30日(水)です。

稽古日誌 8月16日(水)

こんにちは!21のN.W.です。最近8月なのに梅雨みたいな気候ですね〜

今日の首座はS.S.さんでした。

膝行、反り受け、前受けをした後、静坐とあぐらでの統一体を確認しました。普通にあぐらをしている時はしっかりと足を組んでいる状態ですが、この状態で人に膝を持ち上げられると簡単に持ち上がってしまいました。足は後ろ受け身をとった後の状態のようにゆったりと組み、仙骨を立て背骨はピンとさせるというより背骨の構造本来のカーブの通りにすると身体が安定しました。続いて20分かけて氣圧をやりました。人に氣圧をする時のポイントを3つ教わりました。

  1. 自分自身は統一体を保つ
  2. 指先だけを相手の体につける(手の平や手首はつけないようにする)
  3. 指先で押すのではなく指先を置くイメージ

私は足に疲れていたので先輩に足を氣圧していただきました。氣圧してもらった後は足のズーンとした重みがなくなり動きやすくなりました。氣圧は見た目ではあまり何もしていない感じですが人にやっていただくと身体が楽になるので不思議ですね。

次に前進後進技と腕振り跳躍技の確認をした後、肩取り一教(転換)をやりました。相手の人が肩を取ろうと進んでくると怖気づいて、後進技をした後に自分の体勢が崩れてしまいました。独り技では出来ていても組み技の中でやるとその独り技がちゃんと出来なくなってしまう事があるのだと実感しました。独り技をやっている時一人の世界に入ってしまって周りが見えなくなり、組み技で相手の存在が現れると心が静まらなくなってしまうからだと思います。独り技をやるときも視野を広く持てるようになっていきたいです。

次回の稽古は7月18日(金)10時〜です。もうすぐ夏合宿です!